女という生き物から学ぶこと

女は立ち話が好きだ。近所の奥様連中との何でもない会話をそれはもう楽しむ。この近くにパン屋ができてそこの食パンがそれはもう美味しいのーとか、どこどこのスーパーで買った野菜がどうだとか、隣のおじいさんを最近みないと思ったら入院しているらしいわよとか、男からしたら別にわざわざ話す必要なくねーかってことをそれはもう時間を掛けて話し込んでいる。

昔読んだ本に書いてあったが、大昔の集落で暮らす時代、男はヤリを持って獲物を狩りにでかけ、女たちは食事の用意など家を守ることに一日を費やした。その際に女たちは色々な情報交換をするために、毎日のように色々な話をした名残が今でも女性たちの井戸端会議として残っているらしい。

なるほどなと思った。遺伝子レベルで女たちは話しているのだ。好きとか嫌いの次元でない。そういうものだから、そうしているのだ。

男には理解ができない。近所のおっさんたちと話すことなどほとんどない。あいさつをして終わりだ。高齢になったおじいさんたちで話が好きな人はいる。しかし働き盛りの大黒柱同士が話し込むようなことは、皆無といっていい。

さて、そんな女たちから学ぶことは笑顔だ。彼女たちは少なからず笑顔で井戸端会議をしている。男にはそれがない。これも男女の寿命の差と言われているのだ。

女というものを知りたいなら、とことんまで女性と会うべきだ。出会い系サイトを使えばいろんなタイプの女性に会えて勉強になるし楽しめる。ワクワクしますよ。ワクワクメール

Categories: